健康を維持するサプリのパワー

酵素の注意

女性

酵素は、普段の食事にも含まれるものですが熱に弱いという点を持っているので調理方法によっては酵素が失われてしまうものです。そのため、酵素を摂取する際には調理方法に気を付ける必要があるといえます。

More...

保存方法に注意

男女

便秘の症状で悩まされている方はたくさんいます。とくに女性は便秘になりやすいです。そんな便秘はお茶によって改善することができます。薬のような即効性はないため、毎日続けることが大切です。

More...

自己の予防

痛風を引き起こすプリン体

空を見上げる

痛風は、字の通り風が当たっただけでも痛いという病気です。主に足の親指の付け根が熱を持って腫れ、靴を履くことがとても困難です。男女比では圧倒的に男性の方が多いですが、最近では女性の発症も増えてきています。主な原因としては、尿酸値の増加にあります。尿酸が体内に蓄積すると結晶化し、関節に痛みをおこすのです。 尿酸値の増加にはビールや甲殻類に含まれるプリン体と呼ばれるものが深く関わっています。これらを摂りすぎると尿酸値が高くなるため、適度な飲酒を心がける必要があります。痛風を経験した人はあの尋常でない痛みから、二度と発症させたくないと思いますが、プリン体の多い食品摂取をコントロールするのが、最大の予防法だといえます。また、血中濃度を早く減らすため、水分摂取が重要です。発症したらできるだけ沢山の水分を補給するのはもちろん、予防の意味でも日頃から水分を多くとって、常に血中の尿酸値濃度を下げる必要があります。

適正な薬の服用

痛風のあまりの痛さから、日頃病院へ行かない人も受診する人が多いといいます。診察を受けると、症状を見ただけで分かる程判断しやすい病気です。病院から処方される薬には、様々なものがあります。早く尿酸値を下げるものや、体質的に尿酸を作りやすい場合、予防的に結晶化を軽減させる薬などもあります。自分がどのようなタイプなのか診断してもらい、症状に合った薬を処方してもらうのがいいでしょう。そして、定期的に血液検査を受け、尿酸値を把握することで、飲酒などの適量も分かるでしょう。薬を処方してもらったからといって今までどおりの生活をしていいという訳ではありません。薬に頼らなくても生活できるように、自分自身で痛風にならないよう、予防に力を入れなければなりません。そのためには、様々な健康食品を取り入れていくのもひとつのアプローチとして有用かつ、手軽です。

TOP